子供がムダ毛を気にしだすようになったきっかけ

子供もムダ毛のことを気にしています。一昔前より気にする子は増えていますし、気にしだす年齢が下がっている傾向にあります。しかし、いったい何がきっかけで気になるようになったのでしょうか?

 

 

まずは誰かに指摘されたというのが気づくきっかけの一つだと思います。「○○ちゃん毛が生えてるー!」「私より毛が濃いねー」などなど、ストレートな物言いはむしろ低年齢の子に多いですから、早くから気にしだすのも無理は無いかもしれませんね。

 

いじめのネタにされてしまうことも…

子供の頃というのは周りとの違いが気になるものです。中には自分との違いが気になって仕方なくて、それを攻撃してくる子もいます。毛が濃くて気持ち悪い…そんなふうに傷つけて、最終的には「いじめ」に発展してしまうこともあります。

 

 

いじめまではいかなくとも、毛深いことを指摘されるとそれが気になって、そのことで自分に自信がなくなってしまうこともあります。ムダ毛は処理することで解決できる問題ですから、そんなことで自信を失ってほしくないですよね。

テレビや雑誌などの影響も大きい

最近子供のおしゃれについて取り上げているテレビや雑誌が多くなってきています。その中でムダ毛の処理や脱毛の特集などもあり、確実に見た目に対する関心度は昔よりも高くなってきているようです。そのため小学生でもムダ毛を気にしないということは難しくなってきています。

 

 

おしゃれな子たちの間ではむしろオープンにムダ毛の処理について話していたりするそうです。ムダ毛の処理に関して、こういうものがほしい、と言ってきたら出来る範囲で協力してあげるようにしましょう。子どもたちは本気で考えています。